FC2ブログ

フィンフォトツアー4日目~エストニアのタリンへ①

ツアー4日目、早朝6時すぎにホテルをチェックアウトして、バルト海の向こう側にあるエストニアへ出発~!
3泊5日の撮影ツアー最終日は午前発。今日が旅のラストともいえる日、朝から気持ちの良い晴れでした♪

船でタリンへ

タリンクシリヤラインでは朝食ブッフェ付きで、スーツケースと1人サイズのソファーがある小部屋を
キープしてもらって快適。
フィンツアーは細やかなところも大切にしてくれて、安心してツアーに臨めます。

バゲッジルーム

・・・わたしが寝る羽目にならなくて良かった笑。

フィンランドからエストニアまで約2時間で到着。皆と一緒にいるとあっという間で近い。
エストニアは今年が独立100周年で、今日が年に一度の「中世祭り」。
この特別な日に合わせた撮影ツアー、どのような写真が撮れるのか皆ワクワクしながら旧市街のタリンへ向かいました。

ホテルにスーツケースを預けて、スナップのはじまり。

お祭りの賑わいのような気配を感じない、のどかな雰囲気。
旅行客のおじさまも窓で日向ぼっこをしながら、皆のカメラに手を振ってくれて気分も上がります。
ピンクの壁がかわいい♡

窓からおじさん

午前中はガイドをしてもらい市内観光を兼ねてスナップ!

ストリート1

歩いているとお店の看板や風見鶏に動物や植物のモチーフが多くて、フォトジェニックなところが
いっぱい。デザインがフィンランドよりポップな感じで青空とパステルカラーの壁によく似合う♡

タリン看板

狭い路地を抜けて、石畳をゆるゆると上がり、
アレクサンダー・ネフスキー大聖堂やコホトゥオツァ展望台やパトゥクリ展望台へ。

路地

高い場所から街を見下ろすと、おとぎ話に出てくるような中世の趣きのある街並みが広がっていました。
誰もがやってくる場所で、もちろん集合写真も撮りました♪

展望台から

ランチの後はフリータイム。中世祭りはどこで開催されているのかなと探していたところ
、素敵なシーンに出会いました。現地の方のウェディング。とても幸せそう♪

ウェディング1

ウェディング2

そして後姿のカメラマンらしき女の子のTシャツが最高にかわいい。

中世祭りは、パレードのようなお祭りではなく広場にマーケットがたくさん並んで程よい賑わい+゚。*(*´∀`*)*。゚+
激しくないマイルドなお祭りです。

フェス1

フェルト帽もカラフルで形も様々。欲しいものが見つかりすぎて大変なときは、スナップしながらがちょうどいい笑。

フェス3

ニットや陶器、アクセサリーまでオリジナルのデザインで溢れていて似ているお店がないのも魅力的。
作りながらお客さんと話していたり、時間の流れがゆったり。

その後はヨーロッパ最古の薬局屋さんへ寄ったり、雑貨店を覗きながらホテルへ。
ツアー最後は五つ星ホテルのスリーシスターズに宿泊。

スリーシスターズ

↑路地の引きがなくて10mmでもはみ出してしまいます。

部屋を案内してもらう前にウェルカムドリンクを中庭で頂きました♪

ウェルカムドリンク

・・・つづく。


theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

フィンフォトツアー3日目(後半)~リンナンマキ遊園地と夜の夕日

ホテルに一度戻り、夕方はトラムに乗ってリンナンマキ遊園地へ。

_DSC6776.jpg

1950年にオープンしたレトロな遊園地には新旧のアトラクションあり、
ネオンサインやカラフルなアトラクションもフォトジェニック。

とはいえ

目の前にアトラクションがあれば

_DSC6789.jpg

乗る!!

木製ジェットコースターはギシギシと揺れ、バーが固定されない古すぎる感じが強者を楽しませていました笑。

絶叫系が苦手なメンバーは園内を巡回する電車や観覧車へ♪
_DSC6854.jpg
こちらもわりとオープン。

風がきっと心地よい・・・と思ったら、
観覧車では経験したことがないスピードで上昇!!
フィンランドは刺激的です。余裕がなくノーファインダーでシャッターを( ゚Д゚)キャァァァァ!!!!!

_DSC6889a.jpg

各自アトラクションに乗るメンバーをスナップして街中に戻りました。


夜、サーモンスープを食べてお店を出た22:45頃の空がまたとてもキレイで、
ホテルへまっすぐ帰らず寄り道スナップ。

_DSC6966.jpg

みんなの目の前はこの様な光景が広がっていました。トラムの線路もロマンティック♡

_DSC6993.jpg

最後はライトアップされているカンピ教会の前で記念写真を。

_DSC7054.jpg

都会の喧騒の中でいつでも静寂を享受できるようにというコンセプトで造られた礼拝堂、
ヘルシンキ最後の夜にふさわしいような気がしました。

翌日は、朝6:10出発。いよいよエストニアの旧市街タリンへ!

・・・つづく。

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

フィンフォトツアー3日目(前半)~スオメンリンナとショッピング街歩き

スオメリンナ (2)

早朝に参加者の方お1人とサウナでぼーっとしていた3日目、早起きチームは朝からスナップを撮りにでかけていました笑。
この日のスケジュール、午前は世界遺産の要塞 スオメンリンナ島へ。

港からフェリーで15分ぐらいで島に到着。
どんよりした曇りの中、上陸して最初に通る入り口に着くと光が射して青空が♪

ハイキング気分で散策してスナップするにはちょうどいい

スオメリンナ (4)

と思っていたら、

スオメリンナ (5)

このステキな船の修理をする乾ドッグのところで厚い雲に覆われました・・・。

おうち

スオメンリンナは海防要塞で砦や大砲などのほか、教会やカフェもありました。
珍しく滞在時間を決めていたので、今回はまっしぐらに先端まで。

晴れた日に、また来よう!

歩いて周ったあとはフェリーで戻り、ヘルシンキのマーケット広場へ。
屋内マーケットに少し立ち寄ったあとは地下鉄に乗り、
マリメッコファクトリーショップの社員食堂マリトリでブッフェランチ。

ヘルシンキ3日目 (3)

お皿やスープボール、ペーパーナプキンも全部マリメッコ♡
オシャレなうえ味も美味しい。
食べた後はいよいよ45分のショッピングタイム。
写真やマリメッコ、好きなものが一緒だと買い物も楽しくなる。

ヘルシンキ3日目(6)

マリメッコの大きい荷物を置いた後は、引き続き夕方までフリータイム。
集合場所と時間を決めたあとは各自狙っているものを探しにでかけ、
高級ホテルのバーで素敵な時間を過ごす人や郵便局へ出かけたり、アクセサリー探しなど
それぞれの時間を過ごしました。

ヘルシンキ3日目 (4)

フィンツアーのおかげでフィンランドの有名なインテリアブランド「アルテック」で写真を撮らせてもらえました。
ちょうどスツールを日本で買ったばかりの参加者の方もいてタイミングも良かった♪

ヘルシンキ3日目 (5)

外はすっかり晴れてアスファルトの照り返しがまぶしい。
再集合場所は、フィンランドの老舗チョコレートのファッツェルで。

ヘルシンキ3日目 (2)

集合時間より少し前にお店に入って、スーパーには置いていない味を探していたら
geishaシリーズにenjoyやhappyなど違うパッケージを発見!!

味はgeishaと同じでした(*´v`)


・・・つづく。

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

フィンフォト撮影ツアー2日目(後半)~カフェとインスタ映えスポットへ

ヘルシンキに着いてホテルへチェックインした後は、地下鉄に乗って街歩きへ。
外に出ようとしたらドシャブリの雨。それも強烈な((((;゚Д゚)))))))
駅の中でスナップをして雨宿りをしました。

ヘルシンキ大学前駅のエスカレーターは色が未来的で
駅で (1)

駅で (2)
通路は古代のようです笑。

雨上がりは、カフェに向かいました。
学校帰りのような女の子のバッグに釘づけ。ネコが♪

ムーミンカフェへ (2)

昨年のツアーでは寄れなかったカフェ、どこに行こうか迷ったけれど
次の目的地の途中にちょうどあったムーミンで決まり♡
ムーミンカフェへ (3)

ムーミンカフェへ (5)

ドシャブリ後のタイミングのせいか、お客さんと入れ違いになって貸切状態。
皆で注文したスイーツやドリンクをテーブルに並べてガイドブック的な写真を撮ることができました。
撮影はサクッと。そして記念写真も♪

本場のムーミンカフェは日本と違って、普通のカフェの雰囲気。
1人で行っても、
「こちら相席させていただいてもよろしいですか~?」
笑顔の店員さんが目の前の椅子に大きいムーミンを置いていくことはないと思います笑。

ムーミンカフェへ (4)

壊れやすいメレンゲのニョロニョロ。上がキレイなニョロニョロ、下は崩れたニョロニョロ。
値段がきちんと分かれていました。

・・・つづく。

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

フィンフォト撮影ツアー2日目(前半)~ポルヴォーの旧市街とルーネベリの家へ

2日目の前半はポルヴォーの旧市街へ。
教会やお店は10時がオープンなので、昨年より高台のところから街を見下ろすことにしました。。

ポルヴォー (1)


・・・曇ってる。
足元のブルーベリーを摘みながら、写真を撮ってみたり
下に移動して、昔のポルヴォー駅の跡を歩いて駅舎の雑貨屋さんでTシャツを買い、みんなで記念写真を撮っていたら晴れました♪

ポルヴォー (23)

旧市街はパステルカラーの可愛い建物が多くて雑貨、アンティークショップ、カフェが集まっています。
写真も撮りたいけど、中にも入りたい。誘惑が多すぎて大変~~~。
ここではフリータイムだったので、カフェで過ごすひと、写真を撮りつつお店に立ち寄るひとの2手に分かれました。

ポルヴォー (6)

中に入ると、やっぱりカワイイ。
ポルヴォー (10)

フィンランドはアイスクリームの消費量が世界4位らしく、外でアイスクリームを食べるお店をよくみかけます。
さっそく食べてみました。
おいしい~~~~♡

ポルヴォー (24)

注文はフィンランド語が読めないため指さしだったけど、チョコレートとフルーツ系で大正解☆
ポルヴォーは有名なチョコレートショップもあるし、外さない。

そしてポルヴォーといえば、もうひとつの有名なお菓子「ルーネベリタルト」

ポルヴォー (15)
タルトといっても、マフィンのような焼き菓子。

ここで以前から行きたかったのが、この名前の由来の人物、フィンランドの国歌を作詞したJ.L.ルーネベリの家。
今年は行くことができました。1877年まで住んでいた家と庭を見学&スナップ!

ポルヴォー (19)

ポルヴォー (17)

庭は建物から下ったところにあって植物や花の種類が様々
ポルヴォー (21)
ポルヴォー (18)

毒もあるみたい。イラストがわかりやすい!

コレはベリー系の実かな?形は似ているけどフサスグリのようです。フィンランド的な感じがしました♡

ポルヴォー (22)

ポルヴォーでの滞在は約5時間。あっという間にすぎて、次は再びヘルシンキへ!

・・・つづく。

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

01 | 2019/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

ミゾタユキ

Author:ミゾタユキ
フォトグラファー☆ミゾタユキ
のブログへようこそ!

仕事依頼等のお問い合わせは
下記のメールフォームより
お願いいたします♪

画像の転載と無断使用は
ご遠慮下さい。

fecebookやってます☆
☆ 著書本 お知らせ ☆




☆ 共著本 お知らせ ☆   




☆ カメラMOOK本 ☆




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ