FC2ブログ

フィンフォト撮影ツアー2日目(前半)~ポルヴォーの旧市街とルーネベリの家へ

2日目の前半はポルヴォーの旧市街へ。
教会やお店は10時がオープンなので、昨年より高台のところから街を見下ろすことにしました。。

ポルヴォー (1)


・・・曇ってる。
足元のブルーベリーを摘みながら、写真を撮ってみたり
下に移動して、昔のポルヴォー駅の跡を歩いて駅舎の雑貨屋さんでTシャツを買い、みんなで記念写真を撮っていたら晴れました♪

ポルヴォー (23)

旧市街はパステルカラーの可愛い建物が多くて雑貨、アンティークショップ、カフェが集まっています。
写真も撮りたいけど、中にも入りたい。誘惑が多すぎて大変~~~。
ここではフリータイムだったので、カフェで過ごすひと、写真を撮りつつお店に立ち寄るひとの2手に分かれました。

ポルヴォー (6)

中に入ると、やっぱりカワイイ。
ポルヴォー (10)

フィンランドはアイスクリームの消費量が世界4位らしく、外でアイスクリームを食べるお店をよくみかけます。
さっそく食べてみました。
おいしい~~~~♡

ポルヴォー (24)

注文はフィンランド語が読めないため指さしだったけど、チョコレートとフルーツ系で大正解☆
ポルヴォーは有名なチョコレートショップもあるし、外さない。

そしてポルヴォーといえば、もうひとつの有名なお菓子「ルーネベリタルト」

ポルヴォー (15)
タルトといっても、マフィンのような焼き菓子。

ここで以前から行きたかったのが、この名前の由来の人物、フィンランドの国歌を作詞したJ.L.ルーネベリの家。
今年は行くことができました。1877年まで住んでいた家と庭を見学&スナップ!

ポルヴォー (19)

ポルヴォー (17)

庭は建物から下ったところにあって植物や花の種類が様々
ポルヴォー (21)
ポルヴォー (18)

毒もあるみたい。イラストがわかりやすい!

コレはベリー系の実かな?形は似ているけどフサスグリのようです。フィンランド的な感じがしました♡

ポルヴォー (22)

ポルヴォーでの滞在は約5時間。あっという間にすぎて、次は再びヘルシンキへ!

・・・つづく。

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

フィンフォト撮影ツアー1日目~ハイッコ マナーハウスに泊る

ヘルシンキからバスで約45分、ツアー初日に宿泊する「ハイッコ マナーハウス」に到着。

ハイッコ (6)

ここは14世紀終わりに修道院の一部として建てられて、貴族、ロマノフ王家の人々、画家エーデルフェルトなど
様々な著名人も訪れた歴史あるマナーハウスホテルで、周りは自然に囲まれた避暑地的な雰囲気もあるところです。

夕食までのフリータイムは本館のクラシカルなお部屋見学&撮影タイム。今回オプションで数名とわたしは本館へ泊ることに。
それぞれの部屋を全員でめぐり、

ハイッコ (5)
正面玄関はコチラ側↑

部屋が広く感じるフレーミングや、鏡のフレームの中に部屋の一部を映しこみ絵のようにみえるアングルを探してもらったり、

ハイッコ (12)

周辺を散歩してスナップ。


ハイッコ (1)
旅に合わせてフィンランドの国旗やマリメッコ柄のネイルをしてきた方もいて可愛いかった~♪

まもなく夕食になりました。中庭側から入るとサロンが。

ハイッコ (7)

隣に準備されたテーブルも大人な雰囲気でステキです。

ハイッコ (8)

今夜は初日なので、ジャガイモのスープと子牛のほお肉でシンプルなコース。改めて全員で自己紹介をして食べました♪

ハイッコ (9)

ハイッコ (10)

(」*´∇`)」おいしい~
でも大きくて!!!

食後は体力に余力がある数名と再びホテル周辺をお散歩。周辺といっても広大で東京ドームぐらいはありそう。

ハイッコ (11)



白鳥も優雅に湖を泳いでいます。

実は、この白鳥はよくできたニセモノ。遠目で見ると全く気付かない。
参加者の方が、初めて持ってきた望遠ズームレンズ300mm側で撮ってみたところ、
首のところがスパッと(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚ きれているのが確認できました笑。
重いレンズ持ってきて良かったね♪

このニセモノは雁避けのためにいるそうで、しかも湖だと思っていたらバルト海でした。
22:07分。白夜でこの時間でも夕暮れのよう。

夢のようなホテルでリラックスしながら
ラグジュアリーな写真もたくさん撮れる魅惑的なところでもありました♡

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

フィンフォト撮影ツアー1日目~ヘルシンキの教会へ

7/4(水)フィンエアーの直行便で成田9:50に出発、同じ日の午後1:50にヘルシンキのヴァンター空港に到着。
1人参加の少人数制なので、飛行機を降りたころには皆、自然と会話も弾みなじんだ心地がします。
ガイドTさんと合流して撮影ツアー スタート♪。
フロントガラスにFINN PHOTO TOURと書いてくれた専用バスで向かいます。

さっそく、光の教会と言われる「ミュールマキ教会」へ。

re_ミュールマキ (1)

わぁ♡と声がでたあとは、皆もくもくと写真を撮り始めました。


re_ミュールマキ (4)

中に入ると白を基調とした空間にシルバーのパイプオルガン。窓からの光が入りふんわり穏やかな雰囲気。目に優しい笑。
ペンダントライトも音楽を奏でるように高さを変えて吊り下げてあってとてもオシャレです♡
たまたま他に人がいなかったので、シャッター音も気にならずラッキーでした。

re_ミュールマキ (2)


re_ミュールマキ (5)

木でできている木が1本(o‘∀‘o)*:◦♪ハートが可愛い。絵馬的なものなのかな?

re_ミュールマキ (6)


外に出ると丸い葉っぱのヤマナラシが揺れていました。
別世界、旅のオープニングにふさわしいところでした。

途中、シベリウス公園へ
シベリウスは第二の国歌として有名な「フィンランディア」の作曲家。ちなみに同じ名前のウォッカがあります。
・・・脱線しました。
超有名な人物の名前の公園だけど

シベリウス公園 (1)


なかなかのインパクト笑。



パイプオルガンのようなオブジェも下からのぞくと

シベリウス公園 (2)

シベリウス公園 (3)


カッコイイ。
そういえばフィンランドは北欧メタルの聖地だったと頭をよぎる。うんうん納得。

次は、岩の教会と言われる「テンペリアウキオ教会」へ。
岩盤を上から掘ってくり抜いて作られた教会は、天井が丸い円盤で宇宙船のよう。

テンペリアウキオ教会1


壁は岩盤そのまま。天井や2階のフロント部分は銅。どのような音響になるのか一度聴いてみたいと思う教会です。

この頃から、天気が怪しげに・・・。
ヘルシンキのシンボルでもある「ヘルシンキ大聖堂」へ。

ヘルシンキ大聖堂 (1)
曇りすぎて、色を変えてしまいました・・・。

何度か訪れても、見ておきたい教会。よく見る階段側からのこのアングルは、実は側面!!!
この左側が正面と今回の旅で初めて知りました(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」十字架の角度を見るとわかるそうです。

ヘルシンキ大聖堂 (2)
↑ 3日目に歩いたときは青空に真っ白い色が映えてキレイでした♪(でも側面)

この後はインスタグラムで見つけた場所へ。
ここに行きたいと写真を見せただけなのに、フィンツアーMさん&ガイドTさんは場所を探し当ててくれました。最高☆

インスタ映え大聖堂

でも天気がどんより。
ここも晴れていたら、相当可愛い写真になるはず♡

ちょうどロシア正教会の「ウスペンスキー寺院」が近く、中に入ることができました。
お祈りをしている人もいたので1カットだけ。

ウスペンスキー寺院

ルーテル教会と全く雰囲気が違う荘厳で豪華な、ちょっとゴスな雰囲気。

光、岩、白、ゴス。
教会それぞれの背景はもとより建物のつくりやデザイン、色や装飾がとても様々で、写真にするとよりその印象を心に刻めます。

初日に「教会」を撮り比べてヘルシンキをあとにしました。

本日の宿泊先、第二の古都ポルヴォーにあるHaikko マナーハウスへGO!

・・・つづく♪

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

フィンフォト撮影ツアー終了しました♪

(」*´∇`)」ただいま~。
「フォトジェニックな南フィンランドと世界遺産 旧市街タリンを巡るスナップ撮影ツアー」から帰ってきました。
北欧専門の旅行代理店フィンツアーでの撮影ツアーは第二弾♪
昨年より1日滞在を増やして、4泊6日にしました。

参加された方は今回の旅に合わせてカメラを購入されたり、お父さんから譲られたカメラでチャレンジ、ベテランな方など
それぞれ。
同じ場所で一列に並んで同じような写真を撮る・・・なんてスナップはつまらないので笑、
お互い目の届く範囲内で自由にスナップしながら歩きます。
マイペースですが、歩いた歩数はなかなかの数値を連日はじき出しました。

ワタシのスマホにある「ヘルスケア」でワンTOPは 25,829歩!!えーー(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)びっくり。

旅スナップのしおり

↑今回は出発前に「旅スナップのしおり」も作成しました。スナップでは撮影中に全員と個別に話せないこともあるため、
失敗しない撮影設定や想定されるシーンでのヒントなどを織り交ぜてみました。
そういえば一言も感想を聞いてなかった・・・役に立てたと信じたい笑。
プリントアウト&製本はフィンツアーの担当者の方がまとめてくれて事前郵送を。

フィンツアーの担当の方は前回と同じMさん。撮影ツアーの企画をイチから一緒に考え、現地では添乗員としても同行してくれました。また現地でのガイドも前回と同じTさんに。
普段は企画から現地との連絡、ときには手配も1人で抱えて悩ましいけど、
頼もしいお二人が業務を事務的にこなすことなく旅を楽しめるようにエスコートをしてくれるので、
今回もステキな撮影ツアーになりました♪

どのような撮影ツアーになったのか、それは次のブログで笑。

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

緊急募集?ニコンカレッジ写真教室と掲載のお知らせ

(o‘∀‘o)*:◦♪いよいよ明日から、フィンツアー「【1人参加限定】フォトジェニックな南フィンランドと世界遺産旧市街タリンを巡るスナップ撮影ツアー6日間」、フィンエアーに乗って行ってきます♪

その前に、ニコンの写真教室「ニコンカレッジ」のお知らせです。
現在7-9月講座を募集していますが、
7/21(土)からスタートする「お散歩スナップ~伝統の夏を求めて編<全4回>」が実は・・・
超☆空いています(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」

大人数でスナップするのを避けている方にはラッキー、そして夏らしいイベントにでかける予定がない方はこの際に。
ぜひご参加ください♪今週中にお申込みを~。
猛暑の7月スタート、撮影実習にはかき氷やアイスなど休憩をはさみながらのんびりいきます笑。

他の講座はまだ猶予があります。
今回は珍しい、温泉街スナップやひさしぶりに初心者向けの講座も予定しています。

詳しくはコチラ→「ニコンカレッジ ミゾタユキ講座一覧

銀座で

掲載のお知らせ
日本カメラ7月号で「夜の街を撮る」を6ページも!
オリンパスのOM-D E-M1 MarkⅡとソニーのα7Ⅲ、オールミラーレスで撮りました。
新製品レポートでは、富士フイルムinstax SQUARE SQ6 を担当しました。

ぜひご覧ください&ご購入も♡

theme : デジタル一眼レフ
genre : 写真

10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ミゾタユキ

Author:ミゾタユキ
フォトグラファー☆ミゾタユキ
のブログへようこそ!

仕事依頼等のお問い合わせは
下記のメールフォームより
お願いいたします♪

画像の転載と無断使用は
ご遠慮下さい。

fecebookやってます☆
☆ 著書本 お知らせ ☆




☆ 共著本 お知らせ ☆   




☆ カメラMOOK本 ☆




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ